フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« MSX2(Panasonic FS-A1)を入手しました | トップページ | VS1053 MP3 プレーヤー・シールドの調査 »

2019年1月 7日 (月)

Aliexpressで入手した「タッチスイッチボタン」の動作確認

Aliexpressで面白そうなタッチスイッチボタンを見つけたので入手し、試してみました。

購入した商品のサイト

    Capacitive Touch Switch Button RGB LED Sensor Switch Module

    01_2

到着した製品
 
   とりあえず、4個 (青、緑、赤、黄)を購入しました。

   02

  裏側

   03_2

  作り具合は、意外と良さそうです。はんだ付けも問題なしです。


動作確認

  まずは、掲載されている商品情報にて仕様を確認します。   

     商品購入サイト掲載情報

  04_2

    完全に勘違いしていました。

    単なるタッチセンサー的に使うモジュールかと思いきや、
    3.3V定電圧レギュレータ搭載のようです。しかも500mA流せるようです。

    単体のみで独立したスイッチとして利用出来るようです。
    安価な3.3V電源レギュレータとしても利用出来ますね。

    確認として、このモジュールのVCCGNDにUSBケーブルにて5V電源を供給し、
    OUTピンでLEDの点灯制御を行ってみました。

  ブレットボードでの実装
 
   05_2

  動いている様子

   

  問題なく動作しました。
  タッチにて、OUTピンのオン・オフの制御を行うことが出来ました。

  タッチする度にOUTの状態が切り替わります。
  状態を保持するトグルスイッチ的な用途に使えそうです。
 
  ただし、機械的なスイッチと違ってオフの時もタッチセンサー部分の稼働のために
  電力を消費します。測定してみると、0.66mAでした。

  06_2

  次に、タッチパネル部の発光時に流れる電流を測定しました。
  (OUTピンのLEDは外しています)
  7.5mA(タッチセンサー分も含む)でした。

  07_2

  思っていたほど消費量は少ないですが、
  電池駆動でのスイッチとしての利用は避けた方が良さそうです。

« MSX2(Panasonic FS-A1)を入手しました | トップページ | VS1053 MP3 プレーヤー・シールドの調査 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

通販」カテゴリの記事

表示器制御関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Aliexpressで入手した「タッチスイッチボタン」の動作確認:

« MSX2(Panasonic FS-A1)を入手しました | トップページ | VS1053 MP3 プレーヤー・シールドの調査 »