フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« Aliexpressで入手した「タッチスイッチボタン」の動作確認 | トップページ | VS1053 MP3 プレーヤー・シールドでMIDIファイルの再生 »

2019年1月 8日 (火)

VS1053 MP3 プレーヤー・シールドの調査

MSXのデータレコーダ用に使えるのではないかと思い、注文したボードが到着しました。

商品購入サイト
  VS1053B Stereo Audio MP3 Player Shield

  06

到着した製品

  01

Aliexpressのため、当然マニュアル等の付属品はなく、本体のみでした。
商品ページにもマニュアル類の記載がありません。

基板上の刻印 「VS1053 MP3 Sheald」でググってみると、
ElecrowGETECHの製品に類似のものがあります。どうもこの製品っぽいです。

それぞれのページにWiki、ライブラリ、サンプルプログラムのリンクがあり、
製品概要が分かりました。

このボードに関する情報

  製品 Elecrow VS1053 MP3 Shield (Wikiページはこちら

   04

  製品 GETECH Arduino MP3 shield board with TF card (Wikiページはこちら

   03


動作確認

まずは、とりあえずボードの製品チェック、サンプルプログラムで動作確認してみます。

上記それぞれのWikiには、ボードで利用可能な、ライブラリ及びサンプルプログラム
のリンクが掲載されています。

だだし、ダウンロードして確認すると、
両方ともライブラリ Arduino_Library-vs1053_for_SdFat の古いバージョンのようです。
Arduino 1.8.7環境では、コンパイルエラーとなりました。
そこで最新版の Arduino_Library-vs1053_for_SdFatを使って動作確認を行いました。

Arduino Unoにシールドを載せ、スピーカー端子にアンプ無しスピーカーを接続します。

07

ライブラリのサンプルスケッチ fileplayer.ino を利用しました。

05

問題なくコンパイル出来ました。
実行すると、メニューが表示されます。

06

SDカードには、あらかじめ2つのMP3ファイル:hello.mp3hello.wav
入れています。
この2つのファイルは「MP3プレーヤーでMSXにプログラムをロードさせる」で
利用したHello,Worldを表示するプログラムデータです。
hello.mp3hello.wavMP3形式に変換したものです。

再生したいファイルリストの番号を入力して送信すると、
スピーカーから「ピー、ガー・ガー」と音が出力出来ました。
問題なく動作しているようです。

このスケッチプログラムでは、mp3形式wav形式の両方を再生出来ました。


MSXでカセットテープ代わりに使えるかのか確認


本来の目的の、MSXのカセットテープインタフェースにてプログラムをロードさせてみました。

デフォルトでは、失敗しましたがメニューの+コマンドでボリュームを最大の -2dBにすると
MSXでロードすることが出来ました。mp3形式wav形式ともOKでした。

機種によては、レベル不足となるかもしれません。間にアンプを入れた方が良さそうです。

08

ロードしたプログラムも実行することが出来ました。

10

とりあえず、ロードは出来たので次はMSXから音声データとしてSDカードに
保存出来るかを確認したいと思います。



« Aliexpressで入手した「タッチスイッチボタン」の動作確認 | トップページ | VS1053 MP3 プレーヤー・シールドでMIDIファイルの再生 »

通販」カテゴリの記事

arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VS1053 MP3 プレーヤー・シールドの調査:

« Aliexpressで入手した「タッチスイッチボタン」の動作確認 | トップページ | VS1053 MP3 プレーヤー・シールドでMIDIファイルの再生 »