フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« プロペラ2の評価ボード | トップページ | Arduino STM32用タイマー割り込みライブラリを作成しました »

2019年3月13日 (水)

M5Stack用CardKBをPS/2インタフェース対応にしてみる(3)

前回の続きです。
専用ケーブルを作りました。
また、ファームウェアは若干問題があり、 2019/03/10に修正しています。

Dscn9806

USBコネクタは、秋月電子で販売されている
ケーブル取付用USBコネクタ(Aタイプ オス)を利用しました。

03

熱収縮チューブで固定し、その上から結束バンドで固定しました。

Dscn9808

これなら、抜き差しに耐えられると思います。

ケーブルは、スイッチサイエンスのM5Stack用GROVE互換ケーブル 50 cm(2個入り)
に変更しました。

04

とりあえず、これで完成とします。

今回の製作では、ボードにのっているNeoPixcelで若干ハマりました。

制御に使っているAdafruit NeoPixel ライブラリがNeoPixcel へのデータ送信で
割り込み禁止をかけていて、起動直後のPS/2イニシャル処理を邪魔します。
対策として、起動時のLEDの点滅処理を削除しました。

Arduino(AVR)で割り込みを併用するようなプログラムでは
Adafruit NeoPixel ライブラリは使わない方が良さそうです。

« プロペラ2の評価ボード | トップページ | Arduino STM32用タイマー割り込みライブラリを作成しました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

arduino」カテゴリの記事

IchigoJam」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M5Stack用CardKBをPS/2インタフェース対応にしてみる(3):

« プロペラ2の評価ボード | トップページ | Arduino STM32用タイマー割り込みライブラリを作成しました »