フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« Markdown記述のテスト | トップページ | Arduino用 MML文演奏ライブラリの作成 その1 »

2019年3月31日 (日)

プログラムソースの掲載テスト

動作確認テストです。
この記事はすぐに消します。
どうも、HTML直接編集後に通常エディタで編集するとダメっぽい。
以前は問題なかったのに..
今回のココログのシステムリニューアル、かなりレベルの低いエンジニアがシステムを手掛けたに違いない。

<pre></pre>が分断されてしまう。
HTMLエディタ <=> リッチテキストエディタを切り替え利用で
HTMLのタグをちゃんと処理できていないみたい。
切り替えるごとに、レイアウトが崩れる。
<pre>ブロック内に勝手に<br>をタグとしてではなく、見た目として<br>が表示されるように付加される。

現段階では、過去記事を編集するとレイアウトが崩れる可能性ありです。
ココログのリニューアル、みんなを不幸にするリニューアル。
目的は何だったのだろう..

2019/04/20 更新

とりあえず、分断される<pre>ブロック間のつなぎ目が目立たないように加工することで
プログラムソースの掲載は出来ました。
ただし、この作業がかなり面倒くさいです。

また、<pre>タグにCSSを使って背景色等のスタイル指定を今までしていたのですが、
数十にも分断される<pre>タグすべてにつけるのは面倒なので諦めました。

//
// MML演奏サンプル
//
#include "MML.h"
#include "TimerEvent.h"
#include "src/LIB/sound.h"
TimerEvent ticker;   // タイマー割り込み管理
MML mml;             // MML文演奏管理
// バックグラウンド演奏割り込み
void handle_timer() {
  if (mml.isBGMPlay())
    if (mml.available()) 
     mml.playTick();    
}
// 猫ふんじゃった
const char * mmltext =
  "O6t180v15l16d+c+r8f+rf+rd+c+r8f+rf+rd+c+l8rf+r"
  "f+rl16frfrd+c+r8frfrd+c+r8frfrd+c+l8"
  "rfrfrl16f+rf+rd+c+r8f+rf+rd+c+r8f+r"
  "f+rd+c+l8rf+rf+rl16frfrd+c+r8frfrd+c+r8fr"
  "frd+c+l8rfrfrl16f+rf+rd+c+l8rf+rf+rf+r"
  "f+rf+rf+rl16frfrd+c+l8rfrfrfrfrfrfrl16"
  "f+rf+rd+c+r8f+rf+rd+c+r8f+rf+rd+c+l8r"
  "f+rf+rl16frfrd+c+r8frfrd+c+r8frfrd+c+l8"
  "rfrfrl16f+rf+r8.f+rc+c+d8c+8.frf+"
  ;
// デバッグ出力用
void debug(uint8_t c) {
  Serial.write(c);
}
// フォアグランド演奏の停止
void OnStopPkay() {
  if (mml.isPlay()) {
    mml.stop();
    Serial.println("Stop foreground playing");
  }
}
void setup() {
  Serial.begin(115200);
  // フォアグランド演奏停止用ボタンの設定
  pinMode(PB8,INPUT_PULLUP);
  attachInterrupt(PB8, OnStopPkay, FALLING);
 // キーボード入力待ち  while (!Serial.available())    continue;
 // MML初期化、デバイス依存関数の登録  mml.init(dev_toneInit, dev_tone, dev_notone, debug);
  // タイマー割り込み設定
  ticker.set(10, handle_timer);
  ticker.setPriority(14);
  ticker.start();
  // フォアグランド演奏
  Serial.println("Now foreground playing ..");
  mml.setText(mmltext);
  mml.play();
  detachInterrupt(PB8);
  delay(1000);
  // バックグラウンド演奏 
  Serial.println("Now Background playing ..");
  Serial.println("Menu: e:end, r:resume,  s:start"); 
 mml.playBGM(); }
void loop() {
   // バックグラウンド演奏中の操作 
  if (Serial.available()) {
    uint8_t c = Serial.read();
    if (c == 'e' || c== 'E') {        // 演奏停止
      mml.stop();
    } else if (c == 'r' || c== 'R') { // 演奏再開
      mml.resume();
    } else if (c == 's' || c== 'S') { // 最初から演奏
      mml.stop();
      delay(15);
      mml.playBGM();
    }
  }
}

« Markdown記述のテスト | トップページ | Arduino用 MML文演奏ライブラリの作成 その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Markdown記述のテスト | トップページ | Arduino用 MML文演奏ライブラリの作成 その1 »