フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ココログのリニューアル後の不具合、2ヶ月経っても改善されず... | トップページ | Arduino STM32でキャラクタ液晶ディスプレイを使う »

2019年5月29日 (水)

Arduino STM32のWS2812Bライブラリ(NeoPixel制御ライブラリ) その1

Arduino STM32には、WS2812Bライブラリ(NeoPixel制御ライブラリ)が、
標準で(最初から)用意されています。

このライブラリを使いたいと思い、ドキュメントが無いので
プログラムソースから日本語ドキュメントを作成しました。

Arduino STM32 リファレンス 日本語版
 ┗  WS2812Bライブラリ(NeoPixel制御ライブラリ)

ドキュメントを作成し、ライブラリの仕様を理解した上で
さっそく、BluePillボードで動作確認してみました。

ダメです。このライブラリ、まともに動作しません。
LEDが全く点灯出来ません。
色々とソースを修正して現時点で、やっとLED点灯するももの、
意図したとおりに制御出来ません。

01_8

このライブラリはSPIを使ってパルスを生成しています。
システムクロック72MHzを1/32に分周した2.25MHzのパルス幅 0.444μSを使っています。
  パルス幅 0.444μSは許容範囲、
  1ビットのデータは3パルス幅、
  1つのLEDのRGBデータが24ビット、
  1つのLEDは3×24=72パルス、
   SPIは8パルス(8ビット)なので9バイト分、

これなら1個のLED単位でなんとか制御出来そうなのですが、リセット信号のがマズいようです。
ソースを見た限り、リセット信号の送信がされていないみたいなのですが..

更新
1ビット分の3パルスが0.444μS×3= 1.332 μS、
1.25 μS を超えているのがマズいようです。仕様では±0.6μSは許容範囲なのですが駄目っぽい。
24ビット分のデータの前半と後半部分がちゃんと受信されていないようです。
データはGRB(緑、赤、青)の順番で送信するのですが、
1点ルーレット表示は赤しかちゃんと点灯しません。

現在、ライブラリ修正中です。

« ココログのリニューアル後の不具合、2ヶ月経っても改善されず... | トップページ | Arduino STM32でキャラクタ液晶ディスプレイを使う »

arduino」カテゴリの記事

STM32」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ココログのリニューアル後の不具合、2ヶ月経っても改善されず... | トップページ | Arduino STM32でキャラクタ液晶ディスプレイを使う »