フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« Wordで游明朝を使って行数を増やすと行間が広がる問題 | トップページ | 液晶ディスプレイRDT193WMは15kHz対応っぽい »

2019年5月 2日 (木)

ヤフオクでFS-A1Fを入手したのですが...

ヤフオクでパナソニックのMSX2機 FS-A1Fを入手しました。

Msx

私が入札後、2人の方が競り合っていたのですが何故か、2人ともキャンセルのため
格安で落札出来ました。ラッキー!

FS-A1Fが到着し、動作確認をしてみると、
Dscn0067

画面がまともに表示出来ません。ありゃ..

Dscn9984

実際の起動の様子



はずれを引いたっぽいです。
まあ、2,100円なのでパーツ取り用でも元はとれるでしょう。

試しに、フロッピーディスクドライブにフロッピーディスクを入れて起動してみると
モーターが高速回転しているような感じです。
恐らく内部のベルトが切れていると思われます。

とりあえず、分解してしてみました。

Dscn9988

不具合の発生率が高いHIC-1と呼ばれているボードのコンデンサを見ると、なんとなく怪しい。
根元が錆びているような、液漏れしているような感じです。

Dscn9995

とりあえず、コンデンサを取り換えてみました。

Dscn0021

再度動作確認してみたのですが、状況は「変わらず」でした。残念。。
ここが原因では無いようです。

改めて画面の表示を見て分析してみると、
表示内容の一部が壊れているような感じです。映像出力の同期は出来ている、サウンド出力もOK。
もしかしたらVRAMが怪しい? そこでDRAMを交換してみました。

基板上のDRAMを4つ交換しました(下の写真)

Dscn0044

この交換、意外としんどかったです。
ボードが鉛フリーはんだ?のようで、はんだが溶けにくいです。
結局、DRAMをニッパーで切り離したのち、新しいDRAMを取り付けました。

Dscn0034

再度電源ON、やっと見慣れた画面が表示出来ました。やったー

Dscn0051

パナソニックのMSXではおなじみのコックピット画面が立ち上がりました。

Dscn0048

BASICに移動すると、BASICも起動できました。う~ん、いいですねぇ

Dscn0054

次にフロッピーディスクドライブを修理してみました。

やはりベルトが切れています。

Dscn9979

分解してベルトの破片を取り除きます。
粘土のように柔らかくなっていて、へばり付いていて取り除くのに意外と苦戦しました。

Dscn9997

フロッピーディスクドライブの解体は、こちらを参考にしました。
 (こちら「Restoring a MSX2 Panasonic FS-A1F」が元ネタっぽいです)
下の写真の真ん中のネジは外すとダメとのことです。

Dscn9998

モータについているプーリー(スピンドル?)にべっとりとベルトが溶けてくっついているのを剥がすのが大変でした。

Dscn9999

ベルトはとりあえず、モビロンバンドで代用してみました。
モビロンバンド 折径80mm 黒  50g
MSXの修理ではメジャーな方法ですね。

Dscn0068

組立てて、再度動作確認、フォーマットで動作確認。
最初はエラーとなったのですが、数回やってみるとベルトが馴染んできたのか、
何回やってもフォーマットエラーが発生しなくなりました。やったー

Dscn0061

フロッピーディスクドライブの修理はとりあえず、これで良しとします。
ヘッドは問題ないようなので、一安心です。
利用で難儀するようであれば、ちゃんとしたベルトを調達して対処したいと思います。

ちゃんと動くようになったので、次は掃除です。
キーボードがかなり汚いです。キーボードを1つ1つ外して掃除しました。

Dscn0028

Dscn0027

Dscn0026

修理完了、いい感じになりました。
キーボードは全て問題なく文字入力出来ました。

FS-A1F、フロッピーディスクドライブ付きでコンパクトなボディ、
重くもないので、使いたいときに取り出して使えてます。

  Dscn1737


追記 2019/05/03

メインRAM 128kバイト化の改造をやってみました。
下記の記事を参考にさせていただきました。
 ・MSX - FS-A1Fについて - FS-A1F RAM増設
    http://usbsecretbase.michikusa.jp/a1f/index.html

Dscn0042

同記事で公開しているメモリチェックプログラムを利用して確認したところ、
増加分のメモリが認識されているようです。

Dscn0045

「NG:8」 の表示は無視して良いとのことです。

« Wordで游明朝を使って行数を増やすと行間が広がる問題 | トップページ | 液晶ディスプレイRDT193WMは15kHz対応っぽい »

MSX・レトロPC」カテゴリの記事

コメント

たま吉さん、お久しぶりです。
私もついにSonyのMSX2+ HB-A1XVをヤフオクで購入しました。
電源を入れると白黒画面になるので、コンデンサの全交換途中です。
キーボードも真っ黒だったので全て外して水洗い。
FDDのベルトも同じくモビロンバンドで交換してみました。
まだ修理が終わっていないのですが動けばいいなあ。
上手く動いたら、S端子追加とRGB-HDMI変換に挑戦する予定です。
ライフワークにしてゆっくり進めます!

Mori99さん、こんにちは

SonyのMSX2+ HB-F1XV いいですね。
私も次はMSX2+を入手したいです。BASICで漢字入力出来るんですよね。

MSXの修理・改造は意外と楽しくて、ライフワークに出来ますね。
カートリッジを自作してハードウェア拡張など、色々と楽しめそうです。

daikiさん

情報ありがとうございます。
ベルトレス化は、しばらく使ってトラブルが発生したら検討します。
純正ベルトは高いので、ドライブ交換・ベルトレス化の方が良さそうです。

「家電のケンちゃん」、色々と面白そうなパーツ販売していますね。
秋葉原に店舗があるみたいなので、機会があれば行ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Wordで游明朝を使って行数を増やすと行間が広がる問題 | トップページ | 液晶ディスプレイRDT193WMは15kHz対応っぽい »