フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« FUSION-C、MSXの開発環境? (3) | トップページ | Arduino用 MML文演奏ライブラリの作成 その2 »

2019年5月18日 (土)

MSX casio PV-7の代替えACアダプタ

MSX casio PV-7、ヤフオクではACアダプタ無しであれば1000円~2000円程度で入手可能です。
魔改造等、実験等にはもってこいのマシンです。

Dscn1760

専用ACアダプタは、DC 10Vで 外径 5.5mm 内径 2.1mmのプラグなのですが、
外側がプラス、内側がGNDと一般的でなく通常とは逆になっています。
ちょっと入手しにくそうな規格のACアダプタです。

Dscn1757

ところが、ファミコンがちょうどこの規格のACアダプタを使用しています。
「CASIOはなんでこんなACアダプタの規格にしたのだろう」と思っていたのですが、
当時のファミコンを意識して規格を合わせたようです。

試しに、互換品のACアダプタを入手して試してみました。
新品でもamazon等で送料込みで1000円以下で入手できます。
ハードオフ等ではもっと安く入手出来ると思います。

電圧、電極、プラグ形状的には適合しており、実際に利用してみても問題無く利用出来ました。

Dscn1758

比較するとかなり小さいです。
「小さいは正義」、こちらの方が断然使い勝手が良いですよね。

Dscn1755

交換したところ、コンセント周りがスッキリしました。
今後これを使っていくことにします。

 

« FUSION-C、MSXの開発環境? (3) | トップページ | Arduino用 MML文演奏ライブラリの作成 その2 »

MSX・レトロPC」カテゴリの記事

コメント

レトロゲーム界隈ではあまり知られていませんが、
楽器のエフェクターは9VマイナスアースのACアダプタを使うことが多かったりします。
アンサーのACアダプタともそっくりですね。偶然でしょうか?

https://www.mh-friends.com/blog/2017/11/03/pga-100/
http://a-answerstore.com/?pid=83972500
https://ou-kagai.com/archives/2778

daikiさん

casio PV-7は、内部的に10Vを三端子レギュレータで5Vに変換しているのですが、
5Vとの電位さの大きい7V ~ 9Vでも多分問題なく使えると思います。

casio PV-7の三端子レギュレータは、かなりの発熱(放熱用の大きなアルミ板に固定)で
あまり効率が良くないので、もっと効率の良いパーツに交換しようと考えています。

調べてみました。このTA78005AをDC-DCコンバータで代替すれば
アルミ板を外したまま使えそうですね
https://electrelic.com/electrelic/node/38

daikiさん

情報ありがとうございます。

DC-DCコンバータ、
ROHM BP5293-50 あたりが良さそうです。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-11188/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FUSION-C、MSXの開発環境? (3) | トップページ | Arduino用 MML文演奏ライブラリの作成 その2 »