フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« SCART・HDMIコンバータを追加購入しました | トップページ | Maker Fare Tokyo 2019に行ってきました »

2019年8月 2日 (金)

SSD1322搭載3.12インチ OLEDの動作確認

AliexpressでコントローラSSD1322搭載 3.12インチ OLEDディスプレイを入手しました。

入手サイト
TZT Real OLED Display 3.12" 256*64 Dots Graphic LCD Module Display Screen LCM Screen SSD1322 Controller Support SPI
01_20190802090601

$20.70と少々お高いですが、以前に比べるとお手頃な価格になってきました。

実際の製品

届いた製品です。0.96インチ(上)と比較するとやはり大きいです。
Dscn1942

マニュアル類の付属がないため、製品販売ページの情報をもとに使い方は調べる必要があります。
購入先の業者に問い合わせても良いと思います。


製品仕様について

てっきりモノクロ(単色)だと思っていたのですが、
SSD1322の仕様を調べると、1ドット当たり4ビットの16階調表示でした。
256x64ドット、1ドットあたり4ビットのためバッファを使う方式でのプログラム実装では
バッファサイズは8kバイト必要となります。

2x16のピンヘッダでの接続となります。
インタフェースとしては、SPIの他にパラレル接続も可能です。
Photo_20190802094501
デフォルトではパラレル接続モードになっています。
裏のシルク印刷の設定をみてSPI(4SPI)接続に変更しました(R6の抵抗を取ってR5につける)。
Dscn1976

SPI(4SPI)で利用する場合、モジュールのピンヘッダのうち、下記のピンを利用します。
(Reset、CS、DCはArduinoの任意のピンでOK)
02_20190802094201
Arduinoでの動作確認

利用ライブラリ

ググって探して、次のライブラリを試してみました。
1) U8glib V2 library for Arduino
    https://github.com/olikraus/U8g2_Arduino
2) Arduino library for 256x64 OLED ER-OLED032-1 (SSD1322 driver)
    https://github.com/cvonk/arduino-SSD1322

接続はこんな感じです。
Dscn1977
結論を先に述べると、1)のU8glibの利用がお勧めです。
16階調表示には対応していないですが、フレームバッファ使わない方式にも対応しています。
下記の画像はU8glibを使った動作です。

Dscn1961
Dscn1965
Dscn1966
表示がとても綺麗です。文字の表示にも、もちょうど良いサイズです。

U8glibのサンプルスケッチをコンパイルする使う場合、コメントアウトされている下記を有効にします。
   U8G2_SSD1322_NHD_256X64_F_4W_HW_SPI u8g2(U8G2_R0, /* cs=*/ 10, /* dc=*/ 9, /* reset=*/ 8); // Enable U8G2_16BIT in u8g2.h

U8glibでも、フルサイズのバッファを使う場合、バッファサイズとして2kバイトが必要です。
Arduino Unoでは利用出来ません。Arduino MEGA2560で利用出来ました。

SPI接続では、OLEDモジュールからの表示内容の読み出しが出来ないため
表示している内容に追記するような場合は、Arduino側でバッファが必要となります。
バッファを使いない場合、グラフィック描画時に制約が発生します。

2)のライブラリはAdafruit_SSD1306がベースのライブラリなのですが、
古いAdafruit_GFXを使っているためか、Adafruit_GFXのメンバ変数参照でコンパイルエラーが
発生し、ライブラリソースの修正が必要でした(このあたりの対応は省略します)。

さらにバッファとして最低2kバイト(単色利用時)が必要です。Arduino Unoでは利用出来ません。
Arduino MEGA2560ではとりあえず動きました。

Dscn1970

16階調での利用は、バッファサイズ8kバイトが必要なため、Arduino MEGA2560でも利用出来ませんでした。


まとめ

このSSD1322搭載の本製品、ドットサイズが256x64、16階調、表示が綺麗で見やすいのです。
文字を表示にも適したサイズです。
ただし、16階調(1ドット4ビット)は、メモリ消費が多くなり、ちょっと使いにくいです。

16階調の表示の評価として、何か写真っぽいのを表示を試して見たいと思います。

« SCART・HDMIコンバータを追加購入しました | トップページ | Maker Fare Tokyo 2019に行ってきました »

通販」カテゴリの記事

arduino」カテゴリの記事

表示器制御関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SCART・HDMIコンバータを追加購入しました | トップページ | Maker Fare Tokyo 2019に行ってきました »