フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 3Dプリンティング・コニュニティー「Thingiverse」 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

2019年12月26日 (木)

TinkercadでPS/2toUSB用ケースをデザインしてみました

ブラウザ上でお手軽に利用出来るTinkercadで、以前作成したPS/2toUSB変換モジュール用のケースをデザインし、
3Dプリンタに出力してみました。

PS2ToUSB変換ケースV4 (リンク先からデータのダウンロードが出来ますが、アカウント登録が必要です)
01_20191226213001

完成品したケースはこんな感じです。
Dscn2390

イチゴジャムのPS/2キーボードインタフェースにUSBワイヤレスキーボード、Bluetoothキーボードが利用出来ます。

Dscn2393


Tinkercadは、機能的には色々と制約がありますが、慣れるとそこそこのものが製作出来ます。 

作図方法的には、用意されている図形を積み木の感覚で3Dデータを作成していきます。
雰囲気的には、WordやPowerPointで単純な図形をグループ化でどんどん複雑な図形を作成、
パーツ化で更に複雑な図形を作成していく感じです。

このケースの場合、まずは内部の空間部分の図形を作成し、複製して2セット用意(1つは上下反転)、
上下の直方体をくり抜く感じで作成しています。
ケース類は内部空間が重要なので、内部のくり抜き用の図形をキッチリ作成するのがミソでしょう。

03_20191227142401

微調整の場合、グループ化した図形をばらして修正して再度グループ化する感じで、ちょっと面倒です。
まあ、それれも操作が簡単なのでで、単純なものを作成するには重宝しそうです。

Tinkercadはデータ公開して共有することが出来ます。
ブログに埋め込んでみました。ぐりぐりと操作して見ることが出来ます。


こんな感じで、ブログに埋め込んで公開することが出来ます。


デザインしたデータをエクスポートして、スライサーソフトSlic3rを使って3Dプリンタ用のデータを作成し、
手持ちの3Dプリンタで出力してみました。

02_20191226213001

3Dプリンタでの出力で、反り返りに悩まされて苦戦しましたが、
つば付きの設定にすることで、底面が密着されて反り返りを防ぐことが出来ました。

Dscn2387

上下パーツを組んで「カチッ」とはめ合わせて噛み合て外れないようにする突起部分、
適当にやったわりには、しっかりと機能し噛み合って外れない感じに組めました。
(写真では分かりにくいですが、溝があり、上の部分のでっぱりがかみ合います)

Dscn2412

いい感じでモジュールが収まりました。

Dscn2389

Dscn2390

なんとなくいかにもチープな感じなので、改善しようとダイソーのつや消し白ラッカーで塗装してみました。
Dscn2414

Dscn2418

もう少し、表面をやすりがけしてから塗装するべきでした。
塗装だけでは、表面の凹凸までは隠せませんね。
Dscn2419

色的には、いい感じです。次回からはキッチリと表面を磨いてから塗装いたします。
Dscn2422

« 3Dプリンティング・コニュニティー「Thingiverse」 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

3Dプリンタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3Dプリンティング・コニュニティー「Thingiverse」 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »