フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 豊四季タイニーBASIC for Arduino 機能拡張版 フルスクリーンエディタ対応 | トップページ | Windows 10でisoイメージファイルをDVDに書き込む »

2020年2月27日 (木)

LicheePi Nanoを入手しました

秋月電子でLicheePi Nanoを見つけ、入手しました。
このサイズでLinuxが使えるのはすごいです。
税込 1,000円 と安い!

■ LicheePi Nano 16M flash http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-14787/
00_20200227103801

■ 関連情報
  スイッチサイエンスでの販売 https://www.switch-science.com/catalog/5705/
  サードパーティー  https://www.seeedstudio.com/Sipeed-Lichee-Nano-Linux-Development-Board-16M-Flash-WiFi-Version-p-2893.html
  公式サイト http://nano.lichee.pro/
  開発元wiki  https://wiki.sipeed.com/en/lichee/nano.html
  ソース関連 https://github.com/Lichee-Pi

■ 動作確認
  とりあえず、microUSBケーブルにて電源を供給、
  ボード上のTX、RXにUSBシリアル変換モジュールを接続して、TeraTermでコンソール画面を表示してみました。
08_20200227103801Pin-map

115200bpsで通信、Linuxが起動しログインプロンプトが表示されました。

04_20200227105101

ボード上の16Mバイト SPI フラッシュメモリにOSが乗っており、インストール等の作業無しに利用出来ます。
  ID :root 
  PW:licheepi 
でログイン出来ます。

06_20200227105401

16MバイトのSPIフラッシュメモリは既にいっぱいのようです。
gccやpythonなどの開発ツールは一切入っていません。
ドライバー類もなく、機能的には使えるUSB OTGはデフォルトでは動きません。

調べると、乗っているLinuxはパッケージの概念が無いようで
プログラム開発環境の構築もちょっと面倒そうです。

開発環境については、調査していきます。


« 豊四季タイニーBASIC for Arduino 機能拡張版 フルスクリーンエディタ対応 | トップページ | Windows 10でisoイメージファイルをDVDに書き込む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

通販」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豊四季タイニーBASIC for Arduino 機能拡張版 フルスクリーンエディタ対応 | トップページ | Windows 10でisoイメージファイルをDVDに書き込む »