フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Android

2015年1月13日 (火)

Android-x86 4.4-r2(VirtualBox)の画面解像度の変更

Android-x86 4.4-r2をVirtualBoxの仮想マシン上で動かした場合の
画面解像度の変更方法のメモです。

1. 起動時に画面解像度を指定する方法

01

起動直後のGRUB画面で
"Android-x86 4.4-r2"を選択した状態でキーボードの 'a' を押します。
これで、起動時のパラメタの追加指定が出来ます。

03

上記の画面のように、" vga=791" と入力して[ENTER]キーを押します。
USキーボードのため、'='の入力は[^]キーになります。

これで 1024x768x16(16ビット色) で起動します。

他の解像度の指定方法を確認&指定したい場合は、"vga=ask" とします。

04

この表示のModeの値(16進数)を"vga=xxx" のxxxに指定するのですが、
xxxは10進数で指定しなければなりません。

1024x768x16のModeは317(16進数) を 10進数に変換すると 791となります。
この変換は電卓を利用すると良いです(表示メニューでプログラマを指定する)。

05

ビデオカードがVGA/VESA互換の都合上、解像度を高くすると32ビットのモードを
指定すると起動に失敗するようです。

この画面で"791" と入力して解像度を変更して起動が出来ます。

2.メニューに任意の解像度で起動する項目を追加する

いちいち指定するのも面倒なので、GRUBのメニューに追加します。
仮想マシンを起動し、"Android-x86 4.4-r2 (Debug mode)を選択します。

06

次の画面の状態で起動し、root権限でログインした状態になります。

07

確認すると、
grubのメニュー定義ファイル menu.list があるパーティション /dev/block/sda1は
/mnt に リードオンリーの状態でマウントされています。

08

書込み可能な状態で再マウントして、vi エディタで開いて編集します。

# cd /
# mount -o remount  -rw /mnt
# vi /mnt/grub/menu.lst

09

先頭のtitle 〜 の3行をコピーして新しいメニューを追加します。
タイトルを変更します。
2行目の後ろに "vga=317" を追加します。

title Android-x86 4.4-r2(1024x768)
kernel /android-4.4-r2/kernel quiet root=/dev/ram0 androidboot.hardware=android_x86 SRC=/android-4.4-r2 vga=791

initrd /android-4.4-r2/initrd.img

USキーボード配列のため、記号等はキーが異なることに注意です。
次の配列になっています。

12

追加した状態は次のような感じです。

10

保存して、viを終了し、exitを2回実行してコマンドモードを抜けます。
これで、androidが起動します。

仮想マシンをリセットして、再起動しメニューに追加されていることを確認します。

11

追加したメニューを選択してAndroidを起動します。
これで画面解像度が1024x768の状態でAndroidが起動します。

13_3




2015年1月10日 (土)

Android-x86 4.4-r2を VirtualBoxの仮想マシンで利用してみた

www.android-x86.orgにてAndroid-x86 4.4-r2がリリースされたので試してみました。

29

以前はWindows 8.1のHyper-VでAndroid-x86 4.4-RC2を試したのですが
Hyper-Vではマルチメディア関係やUSBディバイスの利用が出来ないの等の制約が
あるので今回は VirtualBox で利用してみました。
更に、ライブでのお試しではなくインストールを行てみました。

私の目的であるSony Reader や Dマガジンの電子書籍の閲覧は出来ませんでしたが、
セキュリティに厳しくないアプリケーションなら動作します。

取りあえず、VirtualBox でのインストールまでの手順をまとめます。
あらかじめVirtualBoxがインストールされているものとします。

インストール手順

1)Android-x86 4.4-r2のダウンロード
  Android-x86 4.4-r2 live & installation iso をダウンロードして利用しました。
   
以降はVirtualBoxでの操作です。

2)新規ボタンで仮想マシンの作成を行う。
  「名前とオペレーティングシステム」の設定
  01

  名前は任意、タイプ:Other、バージョン Other/Unknown

  「メモリーサイズ」の設定
   02
 
  取りあえず、2048MBを指定を設定しました。

  「ハードドライブ」
   03

  "仮想祖ライブを作成する" を選択して[作成]します。

  「ハードドライブのタイプ」の設定
  04

  デフォルトの[VDI]を指定しました。

 「物理ハードドライブにあるストレージ」の設定
  05

  取りあえず"可変サイズ"を指定しました。

  「ファイルの場所とサイズ」の設定
  06
 
  フォルダ、ファイル名、サイズを指定します。取りあえず8Gバイトあればよいでしょう。

3)ISOファイルの指定
  [設定]ボタンを押して、[ストレージ]を選択し[CD/DVD]にダウンロードした
  android-x86-4.4-r2.iso を指定します。
07

4)起動してインストール
02_2

"Installation - Install Android-x86 to harddisk"を指定します。

パーティションの作成
"Create/Modify partitions"を選択します。
03_2

04_2

[New]を選択します。

05_2

[Primary]を選択します。

06_2

サイズはデフォルトのままとし、[Enter]を押します。

07_2

[Bootable]を指定します。

08

[Write]を選択して、書込みます。

09

"yes"と入力して[Enter]を押します。

10

[Quit]を選択して終了します。

11

[OK]を押します。

12

ファイルシステムの選択で"ext3"を選択して[OK]を押します。

13

[Yes]を押して、フォーマットします。

14

[Yes]を押してGRUBをインストールします。

15

/systemのマウント方法を指定します。ここは好きに選んでよいと思います。
[No]を押して、Read Onlyでマウントするように指定しました。

16

フォーマットするが行われます。

17_3

"Reboot" を選択します。ただしリブート後、一旦仮想マシンを終了して
設定画面を開き、DVDからISOファイルのマウントを解除します。

19

ISOを指定したままだと、またDVDからの起動となってしまいます。

仮想マシンを起動します。

20

Android-x86 4.4-r2 を選択して起動させます。

21

あとは、通常のandroidとして、初期設定等を行います。

27

28

仮想マシンとして使う上で、
「スリープモードにしない」の設定と、画面の自動回転はしないように設定した方が
よいと思われます。

もしスリープモードになってしまった場合は、[仮想マシン]メニューの[ACPIシャットダウン]
を選択すると、スリープモードが抜け出してくれるみたいです。


続き: 「Android-x86 4.4-r2(VirtualBox)の画面解像度の変更」

 

2014年6月24日 (火)

NTTドコモのDマガジンに加入しました

NTTドコモが6月20日からオープンしたDマガジンに加入しました。

ます評価の結論を先に言いますと、かなりお得で良いサービスだと思います。

個人的にたまに立ち読みや購入している雑誌、
 週刊アスキー
 週刊東洋経済
  日経PC21
  日経マネー
  おとなの週末
なんかが含まれており、月400円で読み放題は断然お得です。

早速、Android版のアプリをインストールして利用してみました。
利用タブレットは中華Androidタブレット Cube U9GT 9.7インチ(2048×1536)です。

Dscn2722

本日発売の週刊アスキーがあり早速閲覧。

Dscn2723

コンテンツの解像度はかなり高いようですが、その分ファイルサイズが大きいみたいです。
雑誌を選択するとバックグラウンドでダウンロードしながら閲覧します。
ダウンロード完了後は、オフラインでも閲覧出来ました。

操作感覚もシンプルで問題無しです。
雑誌としての画像及び記事内容はかなり鮮明です。
これはかなり良いです。

7インチのタブレットでも試してもました。

Dscn2724

16:9の画面だと電子書籍の閲覧には最適ではありませんが、十分読めます。
7インチ以下の画面だとちょっと小さくて辛いかもしれません。

2つのタブレットで目次を比較するとこんな感じです。

Dscn2726

9.7インチタブレットは見やすいですが、片手で持って閲覧するにはちょっと辛い重さです。
7インチの方は軽いので長時間片手での読書が可能です。
ただし、7インチだと文書を読むには、拡大表示が必須となります。

本サービスの利用において、注意点として、rootをとった端末での利用は不可です。
ただし、チェックは比較的緩くて、SuperSUで「スーパーユーザは無効化」、
開発者向けオプションの「USBデバック」を無効にするだけで利用できました。
Xposed なんかは入ったままで利用できました。


2014年6月11日 (水)

中華タブレット Cube Talk 7X talk7X4 を購入しました

AliExpressで7インチタブレットを購入しました。

01

Cube Talk 7X talk7X4 U51GT-C4という製品です。
日本円で9000円くらいで購入しました。一週間くらいで製品が届きました。

見た感じは、軽くて良い感じです(重量 280g と説明にあります)。
プラスチックですが安っぽいプラスチックではありません。

Dscn2713

液晶はIPSパネルで視野角、発色は良い感じです。

Dscn2714

値段の割には、IPSパネル、4コアCPU、GPSや3G通信対応等でほぼ全部入りです。
電子コンパスは付いていないようです。

使ってみると、ブラウザのレスポンスが速く流石4コアCPUです。
WiFiの感度も良いみたいで、無線LANの通信が早い感じです。

かなり良い製品なのですが、いくつか問題があります。
本製品、日本語に対応していません。設定のLanguage&inputの言語選択に
日本語がありません。まあ、これはMore Locale 2 をgoogle playからダウンロードして
日本語ロケールの設定をすれば、何とかなります。

また、バッテリーの持ちがあまりよくないです。製品説明で5時間とありますが、
WiFi利用や動画再生をするともっと短いです。

本製品の売りの一つ、SIMカードの2スロットがあります。

Dscn2720

手持ちのMVNO SIMカード OCN モバイル ONE を試して見ましたが
苦労してなんとか利用出来ました(LTEはダメ、3G、GSMのみ)。

Screenshot_20140611195207

アンテナもちゃんと立ち、データ通信もできました。
利用出来るようになるには、root化してroot権限で操作するいつくかのツール
をインストールする必要があります。

このあたりに設定については、ネット上に情報があるのでここでは説明を省きます。

幾つか問題ありますがこの値段で、ここまで使えるのはちょっと驚きです。

2014年5月25日 (日)

Android-x86 4.4-RC2を使ってみました その1

Android-x86 Project より 5月20日にAndroid-x86 4.4-RC2が公開されました。

早速ダウンロードして、動かしてみました。

まずは、Windows 8.1 のHyper-Vにて仮想マシン上で試してみました。
(パソコンはCeleron G550 メモリ 8Gバイト)

ダウンロードして解凍したイメージファイル android-x86-4.4-RC2.isoをDVDドライブとして
指定してブートさせます。

01

上のような起動用のメニューが表示されるので2番目の"Live CD - VESA mode"を
選択し起動します。一番上の"Live CD -Run Android-x86 without installation"でも
動きますが、なぜか遅いです。

見慣れた画面が表示され、

02

待つことなくすぐに、Welcome画面(初期設定画面)が表示されなす。
画面の解像度は800x600のようです。

03

ここで言語として日本語を選択して次に進みます。

04_2

次にWi-Fiの選択画面となりますが、ホストのLANを使うためここは[スキップ]します。

05

以降は、既存アカウント入力等をして、

06

問題無く起動できました。重いといった感じもなくストレスを感じずに操作できます。

08

インストールされているアプリを確認すると、Playストア、Gmailもあります。
機能的な制約はないようですが、Hyper-V上で動かしているので音が鳴りません。
まあ、マルチメディアは無理ですかね。

次に、試しに「ソニーの電子書籍Reader」をインストールしてみます。
パソコン上で購入した電子書籍が読めるとうれしいのですが...

10

インストールは成功。起動もできました。しかし...起動すると、

11

画面が横に回転してしまいました。取りあえず、このままでログインしてみる。
問題無く、ログインできました。

12

一応、書籍のダウンロードもでき閲覧もできました。

13

システムの設定にてユーザー補助の「画面の自動回転」のチェックを外すことで、
画面が縦に戻り、以後横にならなくならなくなりました。

14

これなら使えそうです。

お試し版無料の「銀の匙」を購読してみます。

15_2

16

ちゃんと購読できました。これは、使えそうです。

もう少し画面サイズが大きいといいのですが、
現状、Hyper-VでVESAモードで動かしているのでこれ以上の解像度は無理かね。
音も出ません。

使っていて、スリープからのウェイクアップが機能しないようで、
スリープで画面が暗くなると以降復帰できません。
これは、設定のディスプレイのスリープを「常時点灯」にしておけば回避できるみたいです。

17

ちなみに、仮想マシン作成時の設定は下記の通りです。
 ・メモリ 512MB
 ・ハードドライブ割り当て 4Gバイト
 ・ネットワークアダプター vlan

18

Hyper-Vでの利用は取りあえず、そこそこ使えそうです。

USBメモリに書き込んで、USBメモリからの起動を試して見たのですが、
こちらは、サクサク動いて音も出ました。詳細は後日掲載します。

追記:注意点
ライブモードだと、androidをシャットダウンすると設定値は保存されません。
アカウントもインストールしたアプリケーションも消えます。

Sony Readerをインストールした場合、必ずSony Readerにてログアウトしないと
インストールできる機器数を1つ消費してしまうので十分注意が必要です。
私は、やってしまいました。 OTZ ...

追記 2014/05/26
いつの間にかパソコン上でReader Storeのアカウント管理の利用機器設定で
機器認証の解除が出来るようになっていました。無事解除できました。
以前は、面倒な手続きが必要でした。
これで何回でも実験ができます。

2014年4月17日 (木)

MINIX NEO X5のファームウェアを更新しました

MINIX NEO X5のファームウェアが3月に公開されていて、
フォーラムで出来具合の様子見していたのですが、問題なさそうなので更新しました。

リンク: NEO X5 4.2.2 firmware (006, 6th March 2014)
今回の更新、「XBMC for MINIX edition」がバンドルされたのは有り難いです。
今まで、別途インストールしていたので..

フォーラムを見るとMINXの中の人が後2年はサポートすると言ってますね。

02

日本のメーカーでさえ、Android機のサポート期間(新OSは対応しない等)は短いのに
後2年はOSのアップデートが期待できます。

さて、インストールですが
インストール用ツールがWindows 8.1では動かなかったのでWindows 7機で行いました。
リンクのページに掲載のファームウェアやツールをダウンロードして更新を行いました。

Screenshot_20140415204855

XBMCが初めから入っています。

Screenshot_20140415205231

Screenshot_20140415205241

Screenshot_20140415205327

メディアサーバー兼メディアクライアントになるアプリも入っています。

Screenshot_20140415204910

以前のような意味不明な中華アプリは削除されていて、最小限のアプリしか
入っていません。

更新したけれど、全体的なもっさり感は解消されませんね。

MINIXは現在 X5の後継機のX7が出ていますが、更に次の後継機の
4K対応のX8だ出るようです。

2014041409483096391

現状、テレビにPCを常時接続して利用てマルチメディアコンテンツを利用するようになり、
MINIXの出番はなくなってしまいました。

MINIXで本格的にgentoo Linuxを使おうとクロス開発環境構築を考えているのだけれど
中々進みません。

2013年11月 9日 (土)

MINIX NEO X5の新ファームウェアが公開されたので更新しました


MINIX NEO X5の最新ファームウェアが公開されました。
Android 4.2.2 フレームバッファ 1080p 対応版も同時に公開されました。

本機は中華android機で後継機が出ているのにかかわらず、
長期にわたりコンスタントにファームウェア更新し提供し続けています。
(android 4.0 → android 4.1 → android 4.2 )
フォーラムもあり、Minixの中の人も質問に回答してくれます。
そのためか海外ではファンが多いです。

というこで、早速ファームウェアの更新を行いました。
ダウンロードはここから行います。

最初、Windoes 8.1上で更新作業を行ったのですが、
ファームウェア更新ツールでMINIX NEO X5を認識してくれませんでした。
8.1 にアップデートする前はできていたのですが...

仕方がなく、別のパソコン Windows 7機で更新作業を行いました。
Windows 7では全く問題なくMINIX NEO X5を認識してファームウェアの更新が出来ました。

Dscn2109

ファームウェア更新後、使ってみたのですが何が変わったのかわかりません。
若干レスポンスが良くなったような感じです。

2013年11月 7日 (木)

中華製Qiチャージャーを試してみる

Qi (ワイヤレス給電)化 の試みの続きです。
注文していた中華製Qiチャージャが届きました。

小型軽量で持ち運び可能な形状です。

ACアダプターは付属しません。説明書は付いていました。
マイクロUSBケーブルで手持ちの2A5VのUSB充電用ACアダプタに繋げて利用しました。

動作確認
eneloop充電用のレシーバーを乗せるとLEDが点滅して充電が開始した模様。

Dscn2099

そして問題なく充電完了できました。ただしPanasonicのチャージャーのように
給電停止はしてくれませんでした。まあ、これはしょうがないでしょう。
Panasonic独自仕様で製品同士しで通信して給電停止するようなので。

続いて中華タブレットの充電。Panasonicのレシーバーでは認識させるのに苦労しましたが、
すんなりと認識して充電を開始してくれました。

Dscn2095

さらに別のタブレット。充電は開始しているようですが、
タブレットが無反応です。時間をかけてもダメっぽい。

Dscn2102

前者のタブレットはかなりお手軽の充電出来たのですが、後者はダメでした。
2つのタブレット、異なる種類のQiレシーバーを使ってますが、後者の方は
レシーバーに問題があるのかもしれません。単に供給電力が足らないのかも。
大きい機器の充電は厳しいのかもしれません。

中華チャージャなので、信頼性(危険?)に心配がありますが、
Panasonicのチャージャ Panasonic Charge Pad QE-TM101-K よりも使いやすいです。
枕元に置いておいて手軽に充電できそうです。
Panasonicのは大きくて邪魔です。

もっとお手軽に充電を夢見たのですが、実際は微妙です。
eneloop充電用のレシーバーでの電池の充電は大変お手軽で良いです。
充電時間も充電器を変わらない感じです。
しかし、タブレット等の電子機器は有線で接続した方が断然早いですね。

今回でQi (ワイヤレス給電)化 の試みは取りあえず終わりです。

2013年11月 2日 (土)

OCNモバイルONEでテザリングを行う (続き)

EasyTether lite が使えそうなでの$9.99を支払って正式版にバージョンアップしました。
(「OCNモバイルONEでテザリングを行う」を参照)

支払はサポートホームページからPayPalで行いました。日本円で1,024円でした。

支払い完了後、5分程度で販売者のMobile Streamからライセンス登録用の5桁の数字
がメールで送られてきます。
EasyTether lite にその数字を入力してアクティベートして正式版となります。

これでhttps(433ポート)がブロックされる制約が無くなりました。
google、gmailも問題く利用できるようになりました。

01

L2TP/IPsecによるVPN接続、SSL-VPN(Juniper Networks)によるVPN接続、
SSHによるリモートログインも問題なく利用できました。

特に制約はなく、通信が切れるようなことはありません。
制約といえば、USBケーブル経由のテザリング、PCに専用アプリのインストールが
必要な点ですね。

2013年10月26日 (土)

タブレットにQiレシーバーを装着してみました

所有している2台の中華タブレットにQiレジバーを装着しました。

2台ともmicroUSBとは別に充電用のコネクタがあるため、その端子にレシーバー
をはんだ付けしました。USB接続、ACアダプターでの充電は温存します。

1台目 iDroid X360 PSP風のAndroid 4.0タブレット
こちらの解体とはんだ付けは簡単でした。

Dscn2064

チャージャーに乗せると充電を開始してくれました。

Dscn2071

ただし、Panasonicのチャージャーがアホすぎてすんなりとは充電開始してくれません。
変なギミックのせいで乗せる位置の調節が大変です。
内部の給電用のコイルが自動認識して動くのですが、位置がずれるためか
なかなか充電を開始してくれませんでした。

この問題は、製品レビューでも見かけましたがコイルが動かない普通のチャージャの
方が良いかもしれません。

2台目 恵安 REGALIA KPD-701PS
充電用のコネクタが基板の裏にあるため、基板取り出してのはんだ付けとなり
かなり面倒な作業になりました。

Dscn2077

こちらも一応は充電できましたが、こちらも置いて認識させるのに大変でした。

Dscn2078

理想としては、もっとお手軽に充電する予定でしたが、現状は置いてもなかなか
認識してくれず充電できません。これなら有線での充電の方が楽です。
これは、チャージャーに原因があるように思われます。

ただし、Panasonic純正のQi対応充電器では問題なく認識し、非常に使いがてが良いです。

取りあえず、Aliexpressで安いチャージャーを購入して比較してみます。