フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ARROWS Me F-11D

2017年2月19日 (日)

次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(6)

Arduino STM32環境 Blue PillボードでのLチカの3連発

基本に戻って、Lチカ(1秒間隔でLEDをチカチカ)のメモです。
3つの方法についてのメモです。

Dscn6448

回路図
01

  流れる電流は4.0mAくらいにしています。
   I = (3.3v - 2.0 v) / 330Ω × 1000 = 3.94 mA  (順方向電圧降下を2.0vとする)

   ※LEDを駆動する端子は訳アリでPA8にしています。

(1)delay()を使った方法

#define LED_PIN  PA8  // TIMER1 1CH用出力ピン

void setup() {
  pinMode(LED_PIN, OUTPUT);
}

void loop() {
 digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
 delay(1000);
 digitalWrite(LED_PIN, LOW);
 delay(1000);
}

LED_PINの出力をHIGH、LOWと変化させてLEDを点滅させています。
loop()で無限ループさせているので、他に処理が出来ません。

そこで、次にタイマー割り込みを使ってみます。


(2)タイマー割り込みを使った方法

#define LED_PIN  PA8  // TIMER1 1CH用出力ピン

uint8_t sw = LOW;

void handle_timer() {
  if (sw == LOW) {
    sw = HIGH;
  } else {
    sw = LOW;    
  } 
  digitalWrite(LED_PIN, sw);
}

void setup() {
  pinMode(LED_PIN, OUTPUT);
  Timer1.pause();                   // タイマー停止
  Timer1.setPrescaleFactor(7200);   // システムクロック 72MHzを10kHzに分周
  Timer1.setOverflow(10000);        // 最大値を1秒に設定
 
  Timer1.attachInterrupt(           // 割り込みハンドラの登録
      TIMER_UPDATE_INTERRUPT,       // 呼び出し条件は、カウンターオーバーフロー更新時
      handle_timer                  // 呼び出す関数
    );  

  Timer1.setCount(0);               // カウンタを0に設定
  Timer1.refresh();                 // タイマ更新
  Timer1.resume();                  // タイマースタート
}

void loop() {

}

Timer1はあらかじめ用意されているTimerオブジェクト変数です。
Arduino STM32では標準でタイマー割り込み機能(API)が提供されています。
Blue PillボードではTimer1、Timer2、Timer3、Timer4の4つが利用出来ます。

1秒間隔で割り込み関数を呼び出すための設定として、
   分周設定    :   7200分の1
   最大値設定 :  10,000カウント
を行っています。

システムクロック72MHzを7200分の1に分周した10kHzをタイマーのクロックとして
設定しています。
10kHzは0.0001秒に1回、カウンターの値をカウントアップします。
そのカウント値が10,000に達した時に、UPDATEイベントが発生するように指定します。
0.0001秒× 10,000 = 1.0秒 ですね。

Timer1.attachiInterupt()で割り込み処理を行う関数を設定しています。
引数のTIMER_UPDATE_INTERRUPT は、カウンター値を0に戻す更新時に
呼び出す指定で、2つ目の引数に指定した関数を呼び出します。

呼び出されるhanle_timer()でLEDの制御を行っています。
attachiInterupt()では、TIMER_UPDATE_INTERRUPT他に別途、4つの比較値(レジスタ)
に一致した条件での割り込み関数を呼び出すことも出来ます。
ですので、1つのタイマーで複数の異なるカウント値で割り込み処理が可能です。

(3)PWM出力を使った方法

#define LED_PIN  PA8  // TIMER1 1CH用出力ピン

void setup() {
  pinMode(LED_PIN, PWM);            // LED_PINをPWMに設定
  Timer1.pause();                   // タイマー停止
  Timer1.setPrescaleFactor(7200);   // システムクロック 72MHzを10kHzに分周
  Timer1.setOverflow(10000*2);      // 周期を2秒に設定
  pwmWrite(LED_PIN, 10000);         // PWMパルス幅を1秒に設定

  Timer1.setCount(0);               // カウンタを0に設定
  Timer1.refresh();                 // タイマ更新
  Timer1.resume();                  // タイマースタート
}

void loop() {

}

PWMを使っってLEDを点滅させています。
PWMもタイマー制御機能の一部です。

前述(1)、(2)はCPUがLEDの点灯・消灯制御を行っていましたが、
この方法ではタイマーが勝手にLEDの制御を行ってくれます。
CPUの負荷は0%ですね。

制約が少々あります。
任意のI/Oピンを制御することは出来ません。
TimerにはPWM出力を行うピンが割り当てられています。
LED_PINに指定したPA8はTimer1で利用出来るI/Oピンです。
(正確にはTimer1のCH1に割り当てれれているI/Oピン)

PWM出力の設定として、周期とパスル幅の設定が必要ですが、
周期は
  Timer1.setPrescaleFactor(7200);
  Timer1.setOverflow(10000*2);

で2秒周期の設定を行っています。

パルス幅は
  pwmWrirte(LED_PIN, 10000);
で周期の半分の幅1秒を設定しています。

この設定で、2秒周期のうち1秒間はHIGH,残り1秒間はLOWとなり
LEDを点滅させることが出来ます。

Timer1は同時に4つのPWM出力が可能です。
ただし、周期は同じでパスル幅のみ別々に設定が可能です。

タイマーは他にTimer2、Timer3、Timer4が独立して利用出来ます。
BluePillボードにて各タイマーが制御できるI/Oピンについては、
下記のサイトが参考になります。
・stm32duono Blue Pill
  http://wiki.stm32duino.com/index.php?title=Blue_Pill
  (特にpinoutの情報)

  pinoutのPDFをダウンロードしてパウチして利用すると便利です。

  Dscn6449


2014年12月18日 (木)

ARROWA ME F-11DのSIMカードを解約しました

OCN モバイル ONEの月額900円 でSIMカードを追加して利用していました。
1枚はスマートフォン(ARROWA ME F-11D)、もう一枚は7インチタブレットです。
別途通話&メール用にガラパゴス携帯(au)を使っています。

暫くこの形態(3台)で使っていると、スマートフォンの利用機会が徐々になくなりました。
移動時や外出時での情報検索は、タブレットの大きさでも全く問題無しです。
最近の7インチタブレットって重さも軽量ですし..
電話や、プッシュ型のメール着信はガラパゴス携帯を利用します。

結論
ガラパゴス携帯 と
タブレット(データ通信専用NVMO SIM利用)併用が最強!

ガラパゴス携帯の携帯性と電池の持ちの良さと(3週間はOK)、丈夫なところと
情報端末であるタブレットの組み合わせが一番です。
データの閲覧にはやはり、7インチくらいのサイズは必要ですね。
電子書籍や動画の閲覧は、スマートフォンだと閲覧微妙ですし。

ということで、スマートフォン用のSIMカードは解約しました。
私の職場では同様の結論に達した方が何人かいます。

続きを読む "ARROWA ME F-11DのSIMカードを解約しました" »

2014年1月10日 (金)

OCN モバイル ONE SIM発行手数料無料キャンペーンを利用してみた

OCN モバイル ONE SIM発行手数料無料キャンペーンにてSMS対応SIMカードを申込み、
昨日カードが届きました。キャンペーン中はSIMカードの発行手数料が無料です。

01

年末に申し込んだため、10日程度かかってしましました。
SIMカードは2枚となりました。

旧SIMカードと併用して容量シェアで利用してもいいし、旧SIMカードを解約してもよいの
ですが、容量シェア(SIM カード2枚)の場合、 472.5円(SIM追加)がかかります。
まあ、1か月くらいは容量シェアを試して、いずれ返却するつもりです。

さっそく、ARROWS Me F-11DをSMS対応SIMに交換しました。
追加分のSIMカードはただ交換するだけで利用できました。旧SIMも同時利用できます。

SMS対応の場合、月額126円追加となりますが、
F-11Dもセルスタンバイ問題が発生する機種だそうで、これにて問題解消で
バッテリーの消費がもっと抑えられることを期待します。
数日つかってみて、確認するつもりです。

2013年11月 2日 (土)

OCNモバイルONEでテザリングを行う (続き)

EasyTether lite が使えそうなでの$9.99を支払って正式版にバージョンアップしました。
(「OCNモバイルONEでテザリングを行う」を参照)

支払はサポートホームページからPayPalで行いました。日本円で1,024円でした。

支払い完了後、5分程度で販売者のMobile Streamからライセンス登録用の5桁の数字
がメールで送られてきます。
EasyTether lite にその数字を入力してアクティベートして正式版となります。

これでhttps(433ポート)がブロックされる制約が無くなりました。
google、gmailも問題く利用できるようになりました。

01

L2TP/IPsecによるVPN接続、SSL-VPN(Juniper Networks)によるVPN接続、
SSHによるリモートログインも問題なく利用できました。

特に制約はなく、通信が切れるようなことはありません。
制約といえば、USBケーブル経由のテザリング、PCに専用アプリのインストールが
必要な点ですね。

2013年10月24日 (木)

機器Qi対応計画を遂行!

以前、「強引にQi対応を検討中」と書きましたが準備が整いました。

Qi対応チャージャー  Panasonic Charge Pad QE-TM101-K
 
Dscn2029

Qi対応レシーバー Qi Wireless Charging Receiver

レシーバーは思っていた以上に薄くて小さいです。これで5V、500mAの出力が
得られるのか信じられないのですが、テスターで測定するとちゃんと出ました。


ぶっつけ本番でスマートフォン Arrows Me F-11Dさんに実験台になってもらいました。
無理やりつけてみました。

Dscn2044

充電用の端子にパッドの電極を当ててテープでとめます。
はみ出ていますが、実験なので取りあえずこれでよし。
(縦型の形状のものを購入すれば多分収まるでしょう)

Dscn2046


パットに乗せると、チャージャーが反応して充電を開始しました。

Dscn2048

予想以上に順調な結果です。これは使えますね。
ただ充電完了後、チャージャーが充電完了を認識できませんでした。
これはQiの仕様があいまいなため仕方ないでしょう。

レシーバーとチャージャー間の通知はPanasonic製品の組み合わせだと
Panasonic製品独自の仕様にて通知し合ってチャージャーも充電完了するそうです。
レシーバー側の過充電は無いのでまあいいでしょう。

Arrows Me F-11Dには既に受電用のスタンドがあるので
このレシーバーはタブレットに装着します。

注意:真似をして災害が生じても一切責任を持ちません。
あくまでも、これは実験です。

2013年10月10日 (木)

OCNモバイルONEでテザリングを行う

MVNO のOCNモバイルONE SIMカードの利用でテザリングできない機種でも
EasyTether 等アプリケーションを利用すればテザリング出来るとの
情報をもとに実験してみました。

私のARROWS Me F-11D も 標準機能でのテザリングができません。

同類のアプリケーションはいくつかあるようですが、今回は無料版のEasyTether lite
試してみました。結論を先に言うと出来ました。rootを取る必要がありません。
ただし、テザリングで接続するパソコンに専用のアプリケーションをインストールする
必要があります。

01

利用環境
スマートフォンと パソコンをUSBケーブルで接続してパソコンからスマートフォン経由
インターネットに接続する。

スマートフォン: ARROWS Me F-11D
パソコン : Windows 7 Home Edition 64bit版

必要アプリケーションソフト
スマートフォン側: EasyTether lite
パソコン: 専用の接続ソフト(easytether.exe)

Easy Tether lite 版は無料版のため制約があります。
https(ポート 443) はブロックされます。有料版では制約がありません。

通常のホームページは閲覧できます。

設定方法
Easy Tether lite のインストール方法は公式ページに説明があります。
http://www.mobile-stream.com/easytether/android.html
この説明に従って、必要なソフトウェアをダウンロードしてインストールします。

以下の設定の流れは大まかなものです。設定後にうろ覚えのものを
纏めたので間違っているところもあるかもしれません(後半はかなり怪しい)。

1)ますはスマートフォンにEasyTether lite をインストールします。
  Google Play からインストールします。
  この段階ではパソコンとはUSBケーブルで接続しません。
  インストール後、EasyTether liteを起動します。

2)設定画面でUSB settings をクリックします。
  (画面ではUSBにチェックを入れててますが、たぶん後ででも良いかも)。

 
3)USB setup wizard を選択します。

 

4)テザリングで接続利用する機器のOSを選択します(ここではWindows setupクリック)。

   Screenshot_20131010203131

5)パソコン用のソフトウェアのダウンロードを行います。
   ダウンロードをスマートフォンで行う場合は、
   [Download to smartphone and copy] をクリックします。

   パソコン上でダウンロードする場合は画面に表示されているURLにアクセスして
   ソフトウェアをダウンロードします。スマートフォンの画面では[Next]をクリックします。
   パソコンでダウンロードする場合はパソコン上で
       http://mobile-stream.com/easytether/drivers.html
   を開き、該当するOSのソフトウェアをダウンロードします。
   [Next]をクリックした場合、スマートフォンでのダウンロードをスキップして 7)へ飛びます。
   パソコンでダウンロードした方が楽ですが、パソコンがインターネットに接続できない
   状況ではスマートフォンでダウンロードします。

   

6)[Open drivers page] を開いてダウンロード用のホームページを開きます。
   該当するSOのソフトウェアをダウンロードします。 
  ダウンロードが完了したら[Next] をクリックします。

 
 

7)説明を読むとUSBケーブルでパソコンとつなげないことと書いてある
  このまま[Next]をクリック

 

8)パソコンにダウンロードしたアプリケーションをインストールします。
  インストールが成功したら[Next]を押します。
  私の場合、スマートフォンでダウンロードしたため、USBケーブルで接続して
  スマートフォン内のファイルをパソコンにダウンロードしました。
  (7でつなげるなと書いてあったのですがね)

 

9)スマートフォンでUSBテザリングを行う場合は、設定でUSBデバックを
   有効にする必要があるので、USBデバックを有効にします。
   設定-> 開発オプション ->USBデバック にチェックを入れます。
   この時点はで、スマートフォンはパソコンに接続しない状態でいろとのこと。
   (ただし、私はもうつなげちゃいました)

 

10)スマートフォンがUSB接続モードの選択を問う場合は、
    充電のみかMass starageを指定しろとのこと。可能ならPTPよりも
    MTPを設定しなさい(多分そういっていると思う)。
   ( ただし、MTPを選択した場合は接続できませんでした。PTPを指定しました)

    さらに、USBケーブルでスマートフォンとパソコンを接続します。

 

11)Windows側にADB接続用ドライバーをインストールし、画面右したのアイコンを
     クリックして、settingのconnectionを有効にしてスマートフォンとの接続を確立します。

     10)でUSBケーブルでARROWS Me F-11D とパソコンを接続すると、
     必要なソフトウェアが自動でダウンロードします。
    
     説明の通りに、settings ->connect when a smartphone is attached にチェックを
     新れます。    

 

  これで接続は完了です。

 

  パソコン側では [Easy Tether Network Adapter]というアダプタが作成されて
  ARROWS Me F-11D  経由でインターネットへの接続が可能になります。

   EasyTether lite では USBケーブル以外にBlueTooth接続でもテザリングが
   できるようです。

切断はスマートフォン側でEasyTether liteの画面のUSB(Connection established)の
チェックを外すか、パソコン側で画面右下の EasyTether のアイコンでDisconnectを
クリックすることで切断できます。

利用しての感想
使った感じでは、接続が切れるということはありませんでした。200kbpsでも十分使えます。
価格.com のスピード・テストで30Mバイトの制限超えた後、回線速度を確認したところ、
  下り: 318.256kbps
  上り: 215.850kbps
でした。実際は200kbps以上でているようです。

無償版では、https(ポート 443) はブロックされるので、
googleによる検索ができません。Webメール等も使えません。
本格的に使うなら有料版を買う必要がありそうです。
かなり使えるソフトなので1002円(?)支払て、有料版を使ってもよいと思います。

ここまで使えるなら、先日買った3G USBモデムは不要でしたね。

2013年9月15日 (日)

ARROWS Me F-11D バッテリの持ちが非常に良い

OCNモバイルONEに申込みARROWS Me F-11D にSIMカードを突っ込ん利用しています。

このスマートフォン、以前使っていたIS05 と比べると 非常にバッテリーの持ちがいいです。
結構使っても数日は持つ感じです。用意している充電用バッテーリーの出番無しです。
何か比較データはないか探したところ、ITmedia に面白い記事がありました。

記事は、2012年夏モデル28機種の比較です。Yotubeの動画を3G回線で
ストリーミング再生してどれくらい連続再生できるかというものです。

結果は、ARROWS Me F-11D がダントツの1位です。7時間9分連続再生できたとのこと。
主力のXperiaやGALAXYが3~4.8時間なのでこのバッテリーの持ちは脅威的です。
このスマートフォンには大変満足しています。
不満点は、防水仕様のためイヤホンジャックとmicroUSBコネクタのフタが固く
貧弱な点です。何回も開け閉めすると壊れそうです。

回避策として、
充電はスタンドを行うことにし、PCと接続してデータを転送するにはMoborobo
使っています。WiFi経由でスマートフォン内のフォルダを操作できるので便利です。
Moborobo については公式サイトのレビュー記事を参考にしてください。

WiFi経由でスマートフォンに接続(USB接続と比べると制約あり)

WiFi経由でスマートフォンのフォルダの操作

2013年9月 9日 (月)

IP-Phone SMARTに加入しました

IP-Phone SMARTはFUSIONが提供するIP電話サービスです。
先日、スマフォを購入しOCNモバイルONEに加入したので
データ通信だけではなくIP電話での通話をしたいと思い、お試しで加入しました。
IP-Phone SMARTは入会費、月額固定費用は0円です。
固定電話や携帯電話に電話をかけて通話した分、支払が請求されます。
緊急時の通話インフラとしてあってもよいでしょう。

加入すると、100円分無料通話がついてきます。
取りあえず、この100円で使い物になるかを確認したうえで継続利用を判断します。

利用するには、google playにて SMARTalk というアプリケーションをダウンロードして
インストールします。
IP-Phone SMARTにて登録して取得したアカウントを同アプリケーションに設定し、
利用可能となります。

IP-Phone SMARTについての解説が、WIRED Japan 掲載されています。
スマートフォン上で通信を行うサービスソフトが常駐していなくても、
IP電話サーバーからプッシュ通知にて、サービスを起動させて通話を可能にするそうです。
ネットワーク越しのインテントのブロードキャストにて
サービス(ブロードキャストレシーバー)の起動を行っているのでしょうかね。
これにより、常駐プログラムがいない分、電力を食わないそうです。
ただ、レビューをみると不安定なところもあるようです。
とりあえず私の ARROWS Me F-11D + OCNモバイルONE で利用できました。
今後、継続して試していきます。

2013年9月 6日 (金)

OCNモバイルONE 30MB毎日 月々980円に加入しました

格安MVNOOCNモバイルONEに加入しました。
通話はauの携帯電話を使っているのでこちらはデータ通信専用で使います。

WiMAXもあるのですが自宅メインで利用しており、
時々外に持ち出して利用するのですが、趣味のサイクリング、山歩きでは圏外となります。
そこで、OCNモバイルONEを使うことにしました。
色々と試してみたいしね。

スマートフォンも購入しました。

初期出費 18,500円
 スマートフォン:富士通 ARROWS Me F-11D 12,200円(amazonで購入)
  NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ 3,150円
  SIMロック解除費用: NTTドコモに持ち込んで解除 3,150円 (=> 実際は不要でした)

ちょっと出費してしまいましたが、まぁよいでしょう。新品なので、もしかしたらSIMロック解除は不要だったかもしれません。先にSIM突っ込んで確認すれば良かったなぁ。
SIMロック解除には30分もかかってしまいました。
ドコモショップの店員も不慣れなようで、何回も事務裏に行ったり来たりしてました。
auのロック解除と比べると、ずいぶんと手間がかかるようです。

2013/09/26 追記
情報を頂きました。ありがとうございまます。
NTT ドコモ機種にNTTドコモ MVNO SIMを入れる場合、
SIMロック解除は不要だそうです。
知らずに無駄なお金を払ってしましました。
ただ、ロックを外したので海外SIMも利用可能となるそうです。

F-11D、デザイン、大きさも良くいい感じです。大変気に入りました。
CPUはシングルコアですが、遅さは感じません。
通信料は 980円/月で、112.5Mpbs 30MB/日 30MB超過で200kbpsに制限されます。

Dscn1813

2013/10/04 追記
10/1より基本料金の改定がありました。下記の通りです。
・30MB/日:980円(旧OCN モバイル エントリー d LTE 980)
・60MB/日:1,480円
・1.0GB/月:1,260円
・2.0GB/月:1,580円(2013年10月1日からの料金)
・7.0GB/月(最大通信速度500kbps):1,980円

2013/10/18 追記
OCN モバイル ONE(NTTドコモのLTE・3Gを利用) のページに次の制約事項の説明があります。
・spモード、spモードメールなどのNTTドコモ提供のサービスはご利用いただけません。
・NTTドコモの端末でテザリングはご利用いただけません。
・NTTドコモの端末の場合、SIMロック解除手続きは不要です。
=> SIMロック解除不要、テザリング不可ですね。

この手のMVNOはいろいろとありますが、通信容量超えると一か月悲しい思いを
するのはいやなので、毎日リセットされるOCNモバイルONEにしました。

早速登録と設定を行いました。
F-11Dは「OCN モバイル ONE 動作確認済みデータ端末」を見るとリストにないのですが、
問題なく利用できました。設定は同ホームページのXperia GX SO-04Dの設定方法
に従って行いました。ただしLTEは未対応なためAPNの設定はlte-d.ocn.ne.jp ではなく
3g-d-2.ocn.ne.jp としました。

実は、au回線で一時期スマートフォンを利用していたのですが、
パケット代が高い、バッテリーが持たない、形状的に通話しにくい、
といった理由で携帯電話(ガラゲー)に戻しました。これはこれて大満足です。

ただし、やはりネット検索が必要な場合もあり今回の加入となりました。
私のモバイル通信環境としては、現状
 1)WiMAX  Flat 年間 3,800円/月 (自宅で利用がメイン)
 2)au 通話とメールで利用 1,500円程度
 3)OCNモバイル 980円
です。
上記3つを、4G LTEパケット定額+テザリングで1つにまとめられるような気もしますが、
まあ、これで満足です。

関連記事(2013/09/14 追加)
料金コースが多彩になったNTTコムの「OCN モバイル ONE」をレビューする

追記 2013/09/07
申込月は通信料(980円)が無料だそうです。
OCNのプロバイダーのアカウントも付与されるので、メールアドレスが与えられます。

追記 2013/09/12
MVNOの利用は、今回初めてでしたので、初心者として次のことが分かりませんでした。
  ・SIMカードの種類
    これについてはマイナビニュースの記事(ちょっと古い記事ですが)、
      「ハウツー 携帯電話の隠れた必須アイテム、SIMカードに迫る!」
    で深く理解することができました。
   こちらも
     「SIMってなあに?」

  ・auの携帯・スマートフォンでも利用できるの?
    →だめ
現在、もっとも格安なMVNOServersMan SIM LTE 100 (100kbps 490円/月)のようです。