フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

TL-WR703N

2015年4月20日 (月)

Nexx WT3020FをOpenWrt化しました

Aliexpressで購入したNexx WT3020FOpenWrt化しました。

Dscn3743

本製品はCPUとしては、MediaTek社製のMT7620n(580Mhz)を搭載しています。
このサイズとしては、パワフルなCPUを積んでいます。
その他のスペックはRAM 64MB、フラッシュメモリ8MB、有線LAN 100Mbps x 2、
無線LAN (802.11N MiMo 2x2、USB 2.0ポートx1)といった感じです。

ちなみに、上海問屋で同OEM製品(技適OK)が製品が販売されています。

管理画面

02

SSHで接続

03

TL-WR703Nと比べると、サクサク動きます。

名機TL-WR703Nとの大きさの比較

Dscn3745

ただ、本機を含めMediaTek社製 CPU MT7620が乗っている OpenWrtはまだ
開発途中のようです。まだUSB用のドライバがあまり用意されていませんでした。
USBメモリやUSB-Serialが使えません。現状は何もできないですね。

自分で開発環境を用意して移植するしかないです。

TL-WR703Nだと、下記のように豊富にあります。

01

USB-SerialドライバもCH341、CP210x、ftdi、pl2303と使えます。

元のファームウェアに戻して、小型NASとして使った方が良さそうです。
元のファームウェアがどこにもない。

とりあえず、このまま使うか。




2013年12月15日 (日)

無線LANルータ TP-Link TL-WR703NでWebカメラを利用する

この前購入した無線LANルータ TP-Link TL-WR703NにWebカメラを接続して
動画のストリーミング配信を試してみました。

01

Webカメラはロジクール HD Webcam C270を使いました。この製品はLinuxとの相性も良く
安価なのでお勧めの製品です。

Dscn2191

参考にしたのは次のHPです。
・TL-WR703N Example Project 4 : Webcam Streaming
   http://www.madox.net/blog/2013/02/23/tl-wr703n-example-project-4-webcam-streaming/

ファームウェアは、上記のホームページの内容に従ってUSB Video supportが
組み込まれているOpenWRTに変更しました。ファームウェアのダウンロードおよび適用方法は

   TP-Link TL-WR703N Introduction
   http://www.madox.net/blog/projects/tp-link-tl-wr703n/

を参考に行いました。既にOpenWRTを適用済みのためファームウェアのインストールは
"OpenWRT Upgrade"の手順で行いました。

ファームウェア適用後、TL-WR703N Example Project 4 : Webcam Streaming
内容に従って試してみたのですが、正常に動作しません。
ストリーミングはMJPG-streamer というアプリケーションを利用しているので、
このマニュアル等を調べて、次のようにコマンドを入力したら正常動作しました。

# mjpg_streamer -i "./input_uvc.so -n -r VGA -f 6 -d /dev/video0" -o "./output_http.so -p 8080 -n  --www /www/webcam" &

これでストリーミングを行うサーバーが稼働します。
パソコンからはブラウザで次のアドレスにアクセスします。

 http://192.168.0.251:8080/

問題が無ければサンプルのホームページが表示されます。
ざっと確認して静止画、動画とも問題なく表示できました。

サンプルを元に、自前のホームページに動画や静止画を埋め込むことが出来ます。
サンプルのホームページだけでも、動画、写真だけの表示も可能です。

03

私は有線LANで利用していますが、無線LANでの動画配信も可能です。
小型で省電力なため、ロボットに乗せて動画配信している人なんかもいます。


TP-Link TL-WR703N はかなり遊べるルータです。

2013年12月 5日 (木)

無線LANルータ TP-Link TL-WR703Nを購入

Aliexpressで以前から気にかけていた無線LANルータ TP-Link TL-WR703Nを購入しました。
一部のマニアに人気のある製品です。amazon.co.jpでも購入可能な製品です。

本製品はマイクロUSBでの電源供給で大変小さくてポケットに入る大きさです。
機能としては、150Mbps無線LAN、100Mbps 有線LAN、USBポートがあり、3G USBモデム対応です。

早速起動してみると管理画面は中国語です。言語切り替えも出来ません。



まあ、これは想定内です。
で、この製品が一部のマニアに人気な理由はOpernWrtに対応している点です。
TL-WR703NのWikiもあり簡単にOpenWrt化できます。

私はOpenWrtを触ったことが無いのでその入り口として本製品を購入しました。
早速Wikiに掲載されているファームウェアをインストールしてもました。
Webの管理画面からファームウェアを指定して書き込むだけでできます。

再起動すると、問題なく稼働しました。有線、無線ともに利用可能です。

03

リモートログインはセキュリティレベルの高いSSHが利用できます。

02

管理画面を見た感じでは、管理機能が充実しています。
パッケージのインストールまでWeb画面で行うことができます。

04

コマンドでもインストールできます。取りあえずUSBメモリを利用したいので、
# opkg install kmod-usb-storage
とコマンドでパッケージのインストールが出来ました。

その他、次のパッケージもインストールします。
kmod-fs-vfat
kmod-nls-cp437
kmod-nls-iso8859-1
kmod-nls-utf8

マウントの実行
# mount /dev/sda1 /mnt

すんなりマウント出来ました。

なぜこんな簡単にパッケージがインストール出来るのだろうとファイルシステム
を確認すると/が書き込み可能なパーティションになってました。
試しに、/bin の下にファイルを新規作成したら作成できました。
マウント状況を調べるとこんな感じ。

#mount
/dev/root on /rom type squashfs (ro,relatime)
proc on /proc type proc (rw,noatime)
sysfs on /sys type sysfs (rw,noatime)
tmpfs on /tmp type tmpfs (rw,nosuid,nodev,noatime,size=14608k)
tmpfs on /dev type tmpfs (rw,noatime,size=512k,mode=755)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,noatime,mode=600)
/dev/mtdblock3 on /overlay type jffs2 (rw,noatime)
overlayfs:/overlay on / type overlayfs (rw,noatime,lowerdir=/,upperdir=/overlay)
debugfs on /sys/kernel/debug type debugfs (rw,relatime)
none on /proc/bus/usb type usbfs (rw,relatime)

詳しくは分かりませんが、追記分をjffs2ファイルシステムのパーティションに書き込んで
いるようです。

今回は取りあえず、おさわり程度とします。

ハードウェア的にも、かなりいじれる製品なので色々と遊べそうな製品です。
TL-WR703Nをgoogleで画像検索すると改造された画像がいっぱいでてきます。