フォト
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« タブレットにQiレシーバーを装着してみました | トップページ | PLANEX MZK-SA300D 用カスタムファームウェアの作成 »

2013年10月27日 (日)

PLANEX MZK-SA300D TFTPによるファームウェア更新方法

PLANEX MZK-SA300Dは、シリアル接続出来ましたがコマンド入力が現状できません。
これではESCキーでブートを中断して、tftpによるファームウェア更新ができません。

コマンド入力不可が仕様で、別の方法があると考えて調査すると、方法がありました。
ブート時にRESETボタンを押すと中断してtftpによるファームウェア更新が可能となります。

RESETボタンを押しながら電源を入れてLEDが光ったらRESETボタンを離すでもOKです。
これなら、シリアル接続不要でファームウェア更新が可能です。

この状態で、rtl819x-sdkのINSTALL.txt の
6. Download image files to Realtek EV (evaluation) board for testing を参考にして
TFTPにてファームウェアのイメージを送信します。

この時のMZK-SA300D のIPアドレスは192.168.1.6 固定です。

具体的には次の手順(送信のPCはWindows 8.1を例にしています)
0)ファームウェアの用意
  rootfsのイメージファイルとカーネルのイメージファイルが必要です。

  例:オリジナルのアップデート用ファームウェア MZK_MF300D_B25_httpupgrade.bin を
  を利用する場合は、このファイルからrootfsとカーネルイメージを取り出す必要が
  あります。ファイル内位置はづぎの通りです。dump4w.exe などのツールを使えば
  簡単に部分抽出できます。
   Linux カーネル部 00003780  - 0011D392 (2013/10/31 訂正 91 => 92)
   rootfs部             0011D392 - 002EF3A4
   
1)PCのIPアドレスを192.168.1.1 にする(192.168.1.x なら何でもよい)
MZK-SA300Dの2つのポートのうちLANポートにLANケーブルを接続して、
  PCと通信が可能な状態にします。
(2013/10/31追記)

2)PCからTFTPクライアントソフトで root.bin(rootfsならファイル名は任意) を送信する。
  送信は30秒程度で完了します。送信後完了後、MZK-SA300Dでフラッシュメモリへの
  書き込みを行うので分程度待ちます(ここではTftpd32 を使っています)。

 

  もし送信できない場合は(bock が#0のまま)、ファイアウォールの設定、
  MZK-SA300Dに接続するLANポートをLAN側にするなどの見直しを行って下さい。

3)PCからTFTPクライアントソフトで linux.bin を送信する。

   送信は30秒程度で完了します。MZK-SA300Dは自動でリブートするのでそのまま
   放置します。 

  06

5)PCから管理画面に接続できることを確認します。
これで、カスタムファームウェアの作成に失敗して起動出来ない状態になっても
復旧ができます。

2013/10/31 追記
場合にっては、2)のroot.binの送信に成功した後、3)のlinux.binの送信でblockが#0の
ままで送信できない場合がります(ダメージが大きい場合)。
この場合は、一度MZK-SA300D の電源を落としたあと、2)をスキップして3)の
linux.binの書き込みを行って下さい。
要するに、root.binの書き込みは正常に行えたので,linux,binの書き込みだけ行えばよし。

root.bin、linux.bin の作成方法
Windows用のツールを作成しました(リンクをクリックして解凍)。
本ツールと公開されているファームウェアMZK_MF300D_B25_httpupgrade.bin
ダウンロードして、解凍したファイルを同一フォルダに保存してください。

08

ツールを解凍して得られるmk.batをダブルクリックして実行します。
これによりlinux.bin、root.bin を作成します。

« タブレットにQiレシーバーを装着してみました | トップページ | PLANEX MZK-SA300D 用カスタムファームウェアの作成 »

MZK-SA300D」カテゴリの記事

コメント

1年ほど前、秋葉原の裏通りにあるジャンク屋で箱入りの格安MZK-MF300Dを購入し、通電してファームウェアの飛んだただの箱だったことを確認したものが、まさかこちらの復旧方法で復活するとは。
おかげさまで無事ルータとして使用することが出来ます。
有用な情報を本当にありがとうございました。

通りすがりさん

報告ありがとうございます。
お役に立てて光栄です。

ただしこの製品、「いつものPLANEX品質」でして、
長期間稼働は… ですよねぇ。

Tftpのソフトの使い方が分かんないです。
あとpc初心者なんで頭がこんがらがっています。助けてください

あーあーさん

どこが分からないか、具体的に教えて下さい。
pc初心者さんで、tftpをどのように活用したいのかも教えて下さい。

Mzk-sa300dをMzk-mf300dにファームウェア更新しようとしていたところ途中でエラーが発生して電源をつないでもpowerランプしかつかなくなってしまいました。
①tftpクライアントソフトというのはどのソフトというのはそういう名前のソフトなんですか?
②pc側のipアドレス等設定をいじるところはありますか?
③tftpで通信できるようになるリセットボタン押しながら起動は何か出来ましたよ的な合図はありますか?
④tftpで送るファイルはどこからダウンロードできますか?

訂正で
①tftpクライアントソフトというのはそういう名前のソフトなんですか?

とりあえずやってみたんですけど送る最中に
6010 blocks transferred in 2 seconds↑ 0 block retransmitted↑MD5:
2dac03bc02fba6d8173e7eb3a0a1a5ab
とでてしまいます。どうしたらいいですかね?

あーあーさん

①tftpクライアントソフト
tftpという通信方式に対応しているクライア側の処理が出来るアプリケーションソフトであれば、
何でも良いです。ブログでは、 TFTPD32というフリーソフトを使っています。ただし現在は入手出来ないようです。

②pc側のipアドレス等設定をいじるところはありますか?
PCのIPアドレスの変更が必要です。
MZK-SA300D のIPアドレスは192.168.1.6 固定です。
そのため、PCのネットワークアドレスを同一セグメントの192.168.1.x(ネットマスク 255.255.255.0)に
する必要があります。ブログでは、PCのIPアドレスを192.168.1.1 にしています。

③合図
PLANEX MZK-SA300Dにシリアル接続してコンソール出力を確認すれば、メッセージ出力が途中で止まるので、
それが合図となります。ただし、シリアル接続は面倒なのです。
タイミング的に「LEDが光ったらRESETボタンを離す」で、起動処理を中断してtftp接続待ち状態となります。

④tftpで送るファイルはどこからダウンロードできますか?
ブログに記載していますが、ファームウェアをダウンロードし(下記から)、
https://www.planex.co.jp/support/download/router/mzk-mf300d/fw.shtml

解凍して得られた、MZK_MF300D_B25_httpupgrade.binファイルからを部分的に取り出す必要があります。
・Linux カーネル部 00003780 - 0011D392 ⇒ linux.bin
・rootfs部 0011D392 - 002EF3A4 ⇒ root.bin
root.bin、linux.bin の作成方法については、ブログを参照下さい。


>とりあえずやってみたんですけど送る最中に
>6010 blocks transferred in 2 seconds↑ 0 block retransmitted↑MD5:
>2dac03bc02fba6d8173e7eb3a0a1a5ab
>とでてしまいます。どうしたらいいですかね?

このメッセージはtftpのクライアント側の出力でしょうか?
送信側的は成功している感じですかね。私も良く分かりません。
tftpはプロトコル的にコネクションレスなので、相手がちゃんと受け取ってなくても、
送りつけられるので正常に書き込めたかは、
PCからブラウザで管理画面に接続できるかで確認ですね。


言われた通りにやってみたんですが、起動すると
①powerランプがつく
②powerランプが消えて真ん中のがつく
③再起動してずっとpowerランプと真ん中のがついたまま。
これってできてるんですかね?

よく分かりませんがなんかできました!!

あーあーさん

> よく分かりませんがなんかできました!!
シリアル接続してログを見ながらの作業が出来ない場合は、そんな感じになっちゃいます。
それにしても、このブログと私の不十分な説明で出来てしまうのは、pc初心者ではないですよね (∩´∀`)∩

問題が発生してしまいました。
先程書いたとおりMzk-mf300dに更新はできたんですが、これにログインできません。mf.setupや192.168.111.1にログインしようとしてみたり、コマンドプロンプトのipconfigもしたんですが分かりません。パソコン側のipアドレスを変更したりしなければいけないんですかね?

あーあーさん

MZK-SA300Dはもう持っていないので、私の環境では検証出来ないですが、
ファームウェアは初期状態なので、MZK-SA300DのIPアドレスは工場出荷時の状態だと思われます。

マニュアルでは、MZK-SA300DのIPアドレスは
192.168.1.250
と記載されています。
192.168.1.250へのログインを試してみてください。

パソコンのIPアドレスは、同一セグメントの
192.168.1.x (xは0、255以外の任意のアドレス、ネットマスクは、255.255.255.0)
であれば良いです。

(参考文献)
MZK-SA300Dのマニュアル(PDF) 「2.5 工場出荷時の設定値」
https://www.planex.co.jp/support/download/wireless/mzk-sa300d/pdf/MZK-SA300D_Manual_V2.1.pdf

MZK-SA300Dだと、192.168.111.1でした。
パソコンのIPアドレスは、192.168.1.x (xは任意)で良いです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PLANEX MZK-SA300D TFTPによるファームウェア更新方法:

« タブレットにQiレシーバーを装着してみました | トップページ | PLANEX MZK-SA300D 用カスタムファームウェアの作成 »