フォト
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Raspberry Pi Pico - サンプルプログラムのビルド&実行 | トップページ | Raspberry Pi PicoでLチカ »

2021年2月24日 (水)

CMakeの調査

Raspberry Pi PicoのC++開発環境を理解するにあたり、
CMakeの理解が必要と分かり、調査&勉強中です。

その過程で、かみのさんが、まとめている「勝手に作るCMake入門」が大変参考になりました。
また、@shohiroseさんのまとめ解説「CMakeの使い方」も大変参考になりました。
こういった解説は非常にありがたいです。感謝です..

ウィキペディアのCMakeの説明を最初に読んだのですが、意味不明でした..

  参考になった記事
     ■ かみのメモ - 勝手に作るCMake入門 その1 基本的な使い方
     ■ Qiita @shohirose - CMakeの使い方(その1)
     ■ Qiita @osamu0329 - CMake : out-of-sourceビルドで幸せになる

実際にWindows 10 環境で試してみました。
標準出力に"こんにちは、世界!"を出力するプログラムを作成してみます。
まずは、D:\work\sample に2つのファイルを作成。
 ・hello.cpp            C++ プログラム本体
 ・CMakeLists.txt    CMakeプロジェクト設定ファイル

   hello.cpp
  01_20210224091101

   CMakeList.txt
  02_20210224091101  

 ビルド作業はコマンドプロンプト 「Developer Command Prompt for VS2019」上で行います。
  04_20210224092501

次のコマンドを順番に実行します。
 > mkdir build
 > cd build
 > cmake ..
  05_20210224093301

build下を見ると、VC++関連のプロジェクトファイルが生成されているようです。
  06_20210224093901

次に生成されたプロジェクトでビルドします。
 > cmake --build .
  08_20210224094501

これで、hello.exeが生成されました。
VC++ のビルド環境の設定などを全く意識せずに、ビルド出来ました。
これは、なかなかいいですね~ 
クロスコンパイルに適している雰囲気をつかめました。
作成した2つのファイルをUbuntuに持って行っても、ビルド出来ると思います。
これは、よい。もっと学ばねば..



« Raspberry Pi Pico - サンプルプログラムのビルド&実行 | トップページ | Raspberry Pi PicoでLチカ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Raspberry Pi Pico - サンプルプログラムのビルド&実行 | トップページ | Raspberry Pi PicoでLチカ »